酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

オープン戦のデータは縁起物である。
巨人、ロッテ、オリックスが優位? 

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/03/30 07:00

オープン戦のデータは縁起物である。巨人、ロッテ、オリックスが優位?<Number Web> photograph by Kyodo News

'17年オープン戦首位打者に輝いたシリアコ。しかしシーズンに入るとバットが湿り、1年での退団となった。

実績ある投手はオープン戦成績が直結。

<オープン戦防御率1位投手→レギュラーシーズンの成績>

2008年 岩田稔(神)0勝0敗 防御率0.00→10勝10敗 防御率3.28(8位)
2009年 清水直行(ロ)2勝1敗 防御率2.57→6勝7敗 防御率4.42(16位)
2010年 石川雅規(ヤ)1勝1敗 防御率0.43→13勝8敗 防御率3.53(8位)
2011年 久保康友(神)2勝0敗 防御率0.00→8勝8敗 防御率3.78
2011年 戸村健次(楽)0勝0敗 防御率0.00→0勝3敗 防御率3.92
2011年 田中将大(楽)0勝1敗 防御率0.00→19勝5敗 防御率1.27(1位)
2012年 国吉佑樹(De)2勝0敗 防御率0.00→4勝12敗 防御率3.67
2013年 宮國椋丞(巨)3勝0敗 防御率0.47→6勝7敗 防御率4.93
2014年 レイノルズ(西)1勝0敗 防御率0.53→3勝7敗 防御率5.46
2015年 野上亮磨(西)0勝1敗 防御率0.82→7勝7敗 防御率4.22
2016年 和田毅(ソ)1勝0敗 防御率0.00→15勝5敗 防御率3.04(8位)
2017年 田口麗斗(巨)1勝0敗 防御率0.90→13勝4敗 防御率3.01(7位)
2018年 西勇輝(オ)1勝0敗 防御率0.49→?

 投手で実績ある投手の場合は、オープン戦の成績が結果につながる傾向にある。実績のない選手でもオープン戦で好成績を挙げると、少なくとも登板機会は与えられる。そこで活躍して主力選手になるか、期待に応えられず消えていくか、明暗が分かれている。

 オープン戦の結果は、長いレギュラーシーズンが始まるとすぐに忘れられる。好成績を挙げた選手が「春の珍事」で終わるのか、チャンスをものにするのか、今年も注視したい。

\#横浜優勝/ベイスターズが愛されるワケ。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
秋山翔吾
稲葉篤紀
アウディ・シリアコ

プロ野球の前後の記事

ページトップ