濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

K-1を背負う“覚悟”の勝利か。
武尊、圧巻の3階級制覇!! 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph byTakao Masaki

posted2018/03/24 11:00

K-1を背負う“覚悟”の勝利か。武尊、圧巻の3階級制覇!!<Number Web> photograph by Takao Masaki

1回戦から決勝まで、体格不利を覆して優勝した武尊。

「立ち技最強のリングはK-1」と武尊は言った。

 大会前には、ワンマッチの王座戦で対戦予定だった大雅がチャンピオンベルトを剥奪され、急きょトーナメントに変更となる“事件”があった。契約問題が理由だったが、大雅が所属するTRY HARD GYMサイドは反論の会見を行なっている。

 そうしたネガティブな、試合以外の話題をかき消すためにも、自分が勝つしかないと武尊は考えていたはずだ。

 対戦が期待される“あの選手”へのメッセージと取れる言葉もあった。

「僕と対戦したいって選手はいっぱいいます。立ち技最強のリングはK-1。僕とやりたければK-1に上がってきてください。僕は逃げも隠れもしない」

 以前からの一貫した主張だ。“上”の状況がどうであろうと、それがこれからどう変わろうと、武尊は勝ち続け、観客を満足させ続けることでK-1を牽引していく。1つのイベントを丸ごと背負う覚悟があるから、武尊は強い。

関連記事

BACK 1 2 3 4
武尊
那須川天心
ゲーオ・ウィラサクレック
平本蓮
久保賢司
武居由樹
卜部功也
郷州征宜
K-1

格闘技の前後の記事

ページトップ