“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

高木俊幸、善朗、大輔3兄弟の宿命。
「将来は3人全員J1の舞台で……」 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2018/03/06 17:00

高木俊幸、善朗、大輔3兄弟の宿命。「将来は3人全員J1の舞台で……」<Number Web> photograph by Takahito Ando

攻守ともに献身的なプレーを続ける高木善朗。3兄弟の夢は、来季にでも実現するか?

3人は「家族」であり「同志」でもある。

 2人は善朗にとって「家族」であり、それと同時に「同志」だった。そんな俊幸と大輔が、先に決意をピッチ上の結果で示したのだ。

「2人が活躍したことは素直に嬉しかったです。トシのリーグ初ゴールはライブで観ていたし、大輔のゴールもハイライトで観た。

 2人ともそれぞれの持ち味が出ている得点で、『チームにフィットしているな』と思ったし、ずっと一緒にいましたから、特に話をしなくても画面に映る表情で分かるんです。

 特に大輔が一番表情に出るタイプなので、『山口に行って、希望のFWをやれて嬉しいんだな』と伝わりましたね(笑)。

 2人が凄く良い表情を見せてくれたし、後は僕が続くだけ。チャンスは絶対来ると思っていたので、そこでチャンスを掴みたいと思っていた」

ついにホームで初アシストをマーク!

 そのチャンスはすぐにやってきた。

 3月3日のJ2第2節・松本山雅戦。新潟にとって本拠地デンカビッグスワンスタジアムでの開幕戦となったこの試合で、善朗は移籍後初スタメンを掴みとった。

 4-4-2の左サイドハーフに入ると両足から繰り出す正確なクロスと、立ち上がりから激しいアップダウンで揺さぶりチャンスを伺い続けた。

 44分、左サイドバックの安田理大がボールを持つと、左ワイドのスペースでボールを要求。安田からの縦パスを受けた善朗は、寄せて来たDFを鋭い切り返しでズラし、素早く右足クロスを放った。

 鮮やかな放物線を描いたボールは、ゴール前に飛び込んだFW矢野貴章の頭にピンポイントで届いた。善朗は2戦目にして移籍後初アシストをマークした。

【次ページ】 アルビレックスは全員で走って戦うスタイル。

BACK 1 2 3 4 NEXT
高木善朗
高木俊幸
高木大輔
アルビレックス新潟
東京ヴェルディ
浦和レッズ
セレッソ大阪

Jリーグの前後の記事

ページトップ