JリーグPRESSBACK NUMBER

“喫煙は?”と選手に聞いた就任時。
反町監督と松本山雅の幸福な7年目。 

text by

塚越始

塚越始Hajime Tsukakoshi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/02/24 17:30

“喫煙は?”と選手に聞いた就任時。反町監督と松本山雅の幸福な7年目。<Number Web> photograph by Getty Images

その戦術眼で松本に熱狂をもたらす反町監督。今年も群雄割拠のJ2を面白くする存在となる。

ひたむきさが観る者の共感を生む。

 さらに反町は「ファウルが目立ち、レッドカードの数に驚かされた。心構えやプレーについても改善していったんだ」とフェアプレーの徹底にも取り組んだ。

 なぜ、彼はそこから着手したのか。

「そうした姿勢でサッカーと向き合わなければ、応援なんてしてくれないぞ、と口酸っぱく言い続けた。1人ひとりに自覚を持たせながら、チームのレベルを上げて行かなければいけなかった。最初はそういう面で、いろいろ苦労したよ。1、2年かけてプロの集団になっていけた」

 2013、2014、2015、そして2017年と、反町が指揮した過去6年間で、松本はJリーグのフェアプレー賞を4回受賞している。松本が人気クラブであり続ける所以の1つがそこからも見えてくる。ひたむきなプレーが観る者の共感を生む。そして声援が選手を育て、その声援を選手は力に変える。ポジティブな循環ができていった。

「サッカー専用スタジアムがあって、地域リーグの頃からたくさんの人に応援されてきた。松本の街全体に見守られ、チームの規律が整っていったところがある。選手もいろんな人に見られているという意識が働き、1人の人間としても成長している。珍しいクラブだと思う。日本の中で、これから松本のようなチームは出てこないんじゃないか」

 反町は目を細める。

J昇格以降、松本を率いたのは反町のみ。

 そして迎える2018シーズン、反町は7年目の指揮を執る。それは松本がJリーグに昇格して以来、彼しかこのクラブを率いていないことを意味する。

「それは、やり甲斐があるってことだよ」

 単純明快と言える、戦い続ける理由。反町もまた、松本の街から活力をもらい、声援を力に変えてきた1人ということだろう。

 2年前はJ1自動昇格圏の2位以内を常にキープしながら、あらゆるチームがなりふり構わずラストスパートを仕掛ける最終盤に星を落として3位に終わり、J1昇格プレーオフ1回戦でファジアーノ岡山に敗れた。

 昨季は中盤以降に調子を上げていったが、最終節の京都戦、勝てばプレーオフ進出という状況で敗れ(スコアは0-1)、結局8位に沈んだ。運も少なからずかかわっていたが、紙一重とはいえ、明らかな差に涙をのんできた。

【次ページ】 継続には悪いことと良いことの両面が。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

松本山雅FC
反町康治

Jリーグの前後のコラム

ページトップ