JリーグPRESSBACK NUMBER

ミキッチが「新たな家族」と惚れる
湘南・塚田通訳のセルビア流伝達力。

posted2018/02/27 08:00

 
ミキッチが「新たな家族」と惚れる湘南・塚田通訳のセルビア流伝達力。<Number Web> photograph by Masayuki Sugizono

湘南の練習場での塚田通訳とステバノヴィッチ。ミキッチ同様、早くも打ち解けた間柄になった。

text by

杉園昌之

杉園昌之Masayuki Sugizono

PROFILE

photograph by

Masayuki Sugizono

「切り替え!」

 冷たい潮風が吹く湘南ベルマーレの練習場に曹貴裁監督の大きな声が響くと、耳慣れない抑揚のあるセルビア語も続く。

「トラスフォルマチア!」

 今季、日本で10年目のシーズンを迎えるクロアチア人のミキッチは、コーチ陣の指示を母国語とほぼ変わらないセルビア語で耳に入れ、いきいきとした表情で練習に打ち込む。新天地の湘南での会話は、ほとんどクロアチア語とセルビア語。英語とドイツ語も自在に操れるため、サンフレッチェ広島時代はドイツ語の通訳が付き、コミュニケーションに不自由することはなかったものの、慣れ親しんだ言語が一番しっくりくるという。

「やっぱり、母国語がいいね。今のほうが楽」

 晴れやかな顔で話す言葉には、実感がこもっていた。

「(塚田は)ニューファミリーだよ(笑)」

 Jリーグでは希有な存在と言っていいセルビア語の通訳を務める塚田貴志氏の存在は大きいという。

 世界的なスーパーモデルと知られるリュプカ夫人が待つ家庭以外でクロアチア語を使える心地良さもあってか、自然と口も滑らかになる。

「住む場所は変わったけれど、2日で湘南に慣れた。自分は38歳とは思っていないし、衰えもない。1年だけ過ごすためにここにきたわけではない。1日でも長くいたい。お金で買えない経験も伝えたいと思う。ピッチ内外でチームに貢献し、契約を延長したい」

 新しい相棒には早くも信頼を寄せている。

「(塚田は)ニューファミリーだよ(笑)。サッカーをよく知っているし、相手や自分のプレーについても話せる」

 照れ笑いを浮かべながらミキッチの言葉を訳す塚田氏は、セルビア出身のランコ・ポポヴィッチ監督の「代弁者」としてサッカー界では知られた存在だ。

【次ページ】 大分、町田、東京……と数クラブで通訳を。

1 2 3 4 NEXT
塚田貴志
曹貴裁
チョウ・キジェ
湘南ベルマーレ
ミハエル・ミキッチ
ランコ・ポポヴィッチ
アレン・ステバノヴィッチ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ