オリンピックPRESSBACK NUMBER

スピードスケートだけでメダル6個!
日本を変えたデビットコーチの4年間。 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki/JMPA

posted2018/02/26 11:45

スピードスケートだけでメダル6個!日本を変えたデビットコーチの4年間。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki/JMPA

マススタートで高木菜那がゴールした瞬間のデビットコーチ(写真中央)。オランダと日本の指導技術の融合から生まれた金メダルだった。

デビットコーチについて4年目の快挙。

 2月24日、女子マススタートで高木菜那が初代チャンピオンになり、金メダルを手にした。1大会で2つの金メダルを手にした日本初の女子選手となった。

 日本電産サンキョーの一員として無我夢中でオランダにわたり、デビットコーチに初めて師事した日から、約4年の月日が流れていた。

 全日程が終了した2月24日、湯田淳スピード強化部長は言った。

「選手たちは力をつけ、本番で実力を発揮した。掲げた目標は高かったが、結果は素晴らしかった。でもまだオランダの方が上にいる。北京五輪には、オランダに勝ち、ナンバーワンになるという新たな目標を持って向かう」

 湯田強化部長は日本スケート連盟が現在、デビットコーチと契約延長について調整を行っていることを示唆している。

 日本スピードスケート陣は北京五輪でもっと大きな成果を得ることを求めている。

<平昌五輪直前総力特集>最強のふたり。
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

高木菜那
小平奈緒
ヨハン・デビット
菊池彩花
高木美帆
押切美沙紀
佐藤綾乃
湯田淳
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ