フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

団体戦で見えたフィギュアの最新情勢。
カナダ優勝の理由と日本5位の意味は? 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2018/02/13 17:00

団体戦で見えたフィギュアの最新情勢。カナダ優勝の理由と日本5位の意味は?<Number Web> photograph by Asami Enomoto

メダル候補のライバルたちに転倒が相次ぐなか、安定した演技で唯一の100点台を叩き出した宇野。

田中刑事「今日の失敗を生かす」。

 2月12日はいよいよ残り3種目のフリーが行われたが、日本チームは苦戦した。

 男子は田中刑事がフェリーニの『道』のサウンドトラックで、演技を披露。冒頭に予定していた2本の4サルコウがいずれも2回転にパンクするという厳しいスタートになった。

 その後2度の3アクセルなどで懸命にリカバーをはかったものの、4トウループで転倒し、5人中5位という結果に終わった。

「6分間(ウォームアップ)での自信がうまく作れなかった。(サルコウは)踏切で力んでしまった。結果として(チームの)足を引っ張ってしまってすごく悔しいです」そう言葉少なに語った田中。個人戦に向けて「今日の失敗を生かすしかない。もっと自信をもって力強い演技ができるように、作り直していきます」とコメントした。少なくとも、個人戦の前にオリンピックアイスの感触をつかむという収穫はあった。

 パトリック・チャンは冒頭の4トウループを2回ともきれいに成功させて、3アクセルの転倒はあったものの男子フリーでトップになった。1位と分かった瞬間、これまで見せたことのないような笑顔でコーチたちと抱き合った。

女子フリー、長洲未来3アクセル成功。

 女子のフリーは1番滑走の長洲未来が、『ミス・サイゴン』のプログラムの冒頭の3アクセルを成功させて残りもノーミスの演技を滑り切った。オリンピックで3アクセルを成功させたのは、伊藤みどり、浅田真央に次いで史上3人目である。

「8年前(バンクーバーオリンピック)浅田真央ちゃんを見て、自分もそういうすごいジャンプをやりたいと思った。去年ここでの四大陸(選手権)に来て練習でアクセル跳べたので、1年後試合の中で跳べてすごく嬉しいです」と日本語で嬉しそうに語った。

「思い切っていけなかった」と坂本花織。

 坂本花織は『アメリ』で出だしの3フリップから演技を開始。だが着氷がちょっとつまって3トウループをつけることができなかった。その後しっかり立て直して残りを大きなミスなく滑ったものの、普段の彼女らしい勢いに欠けた。ほかの女子が素晴らしい演技が続いたこともあり、5人中5位に終わった。

「タイミングが合わなかった。4分間ずっと緊張していました。最初のジャンプを成功するとだんだん良くなってくるんですが、(失敗をしてしまったため)あまり思い切っていくことができなかったです」と悔しそうにコメントした。

【次ページ】 史上まれに見る高レベルとなった女子フリー。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
宇野昌磨
パトリック・チャン
ネイサン・チェン
須崎海羽
木原龍一
エフゲニア・タラソワ
ウラジミル・モロゾフ
宮原知子
坂本花織
エフゲニア・メドベデワ
カロリーナ・コストナー
テッサ・バーチュ
スコット・モイア
アリーナ・ザギトワ
長洲未来
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ