SCORE CARDBACK NUMBER

四大陸での銅メダルを自信に、五輪に挑む異色の北朝鮮ペア。~アメリカ代表とリンクで協力する、という国際派な面も~ 

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph byKYODO

posted2018/02/15 08:00

四大陸での銅メダルを自信に、五輪に挑む異色の北朝鮮ペア。~アメリカ代表とリンクで協力する、という国際派な面も~<Number Web> photograph by KYODO

四大陸選手権のフリーでリフトを決めるリョム・テオク(上)、キム・ジュシク組。五輪でも上位に食い込めるか。

 北朝鮮選手の平昌オリンピック参加が注目されるなか、フィギュアスケートペアのリョム・テオク&キム・ジュシク組が、1月の四大陸選手権で銅メダルを獲得した。北朝鮮の新星は、いかなるペアなのか。

 リョムは19歳、キムは25歳で、2人とも平壌出身。'15年にペアを結成すると一気に実力を伸ばし、国際大会にデビューした。平壌市内の「凱旋門青年スケートクラブ」で3時間の氷上練習と、さらに陸上トレーニングを行う。昨夏は「私達の演技力の向上のためにはカナダでの練習が必要」(リョム)と、モントリオールでの合宿を決行。髙橋成美のプログラムを長年手がけていたことでも知られるカナダの人気振付師にプログラムを依頼し、ショートプログラムにビートルズ、フリーはシャンソンとお洒落なナンバーを揃えた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 564文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

リョム・テオク
キム・ジュシク
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ