沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

小島太「俺はサクラの馬、境厩舎」
名騎手、名調教師だった男の定年。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byKeiji Ishikawa

posted2018/02/10 09:00

小島太「俺はサクラの馬、境厩舎」名騎手、名調教師だった男の定年。<Number Web> photograph by Keiji Ishikawa

1994年の皐月賞ではサクラエイコウオーに騎乗した。長年の競馬ファンならピンクの勝負服=小島太のイメージだろう。

3月には武幸四郎ら新世代の調教師が開業する。

「キタサンロス」に、「小島ロス」と「尾形ロス」まで重なってしまうわけだが、寂しいとばかり言っているわけにはいかない。

 入れ違いに、3月には武幸四郎調教師をはじめとする新調教師が厩舎を開業し、新人騎手もデビューする。

 また、小島師が育てたマンハッタンカフェは2015年に死亡したが、その血は産駒を通じてつながれている。騎手時代に騎乗したサクラバクシンオーはキタサンブラックの母の父としておなじみだ。

 尾形師がアメリカのセリで見いだしたグラスワンダーの血も、スクリーンヒーロー、その産駒のモーリスなどにより、さらに勢いを増すだろう。

 名調教師からの贈り物を大切に思い、新時代の競馬を見つづけたい。

関連記事

BACK 1 2 3 4
小島太
境勝太郎
サクラバクシンオー
尾形充弘
サクラユタカオー
サクラローレル

競馬の前後の記事

ページトップ