炎の一筆入魂BACK NUMBER

37歳、「松坂世代」はまだ戦える。
広島・永川勝浩はなぜ諦めないか。 

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2018/02/06 07:00

37歳、「松坂世代」はまだ戦える。広島・永川勝浩はなぜ諦めないか。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

とにかく練習熱心で、野球に対してとこまでも真摯な姿勢で臨む永川の存在そのものが、広島の財産なのである。

球団も現役続行を後押し。37歳目前に手術を決断。

 年齢や立場も理解していた。

「限られた選手登録枠を若い選手に譲るべきではないか」と自問しながらも、不完全燃焼の思いは強かった。

「今年(2017年)は思うように動けなかったけど、思い切り動ける状態でプレーしたい」という思いも強かった。

「まだやれる」

 その思いがぶれることはなかった。

 球団から肩をたたかれればユニホームを脱ぐ覚悟もあったが、球団からは「引退」の「い」の字も出なかった。それだけでなく、頭にあった手術決断を後押ししてもらった。

「クビと言われても不思議じゃない。球団にはすごく感謝している。恥ずかしい姿は見せられない。覚悟を持ってやりたい」

2008年には広島に7人もいた「松坂世代」。

 広島には'08年にシーズン最多7人在籍するなど、計11人の「松坂世代」の選手が在籍していたが、江草仁貴が引退し、梵英心が自由契約となり、とうとう永川勝浩ただ1人となった。

 気づけば広島投手陣の中でも最年長。

 日本人で下の世代は大きく離れて、2月8日に30歳となる福井優也となる。

 だが、ベテランとしてできることはまだまだある。今村猛も以前「ブルペンに永川さんがいると安心感がある」と話していた。

 充実の広島中継ぎ陣のバックアップとして期待されるも、本人はベテランとしての扱いを受け入れようとはしない。

「“シーズンのどこかで力になってくれれば”というニュアンスで言われることもあるけど、1年通してバリバリ働けると思っている。契約してもらった球団に少しでも返さないといけないし、大活躍する姿しかイメージしていない」

【次ページ】 はやる気持ちを抑え込んで、ただただリハビリに専念。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

永川勝浩
松坂大輔
村田修一
広島東洋カープ
江草貴仁
梵英心
今村猛
ケムナ・ブラッド・誠

プロ野球の前後のコラム

ページトップ