“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

大学まで無名→群馬→大宮→柏。
江坂任と瀬川祐輔、経歴が似過ぎ。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2018/02/04 07:00

大学まで無名→群馬→大宮→柏。江坂任と瀬川祐輔、経歴が似過ぎ。<Number Web> photograph by Takahito Ando

同一クラブから同時に2人獲得という珍しいケースだが、江坂(右)と瀬川は着実にステップアップを果たしている。

「レイソルでも今までのように腐ることなく……」

 1月30日のACLプレーオフのムアントン・ユナイテッド戦。

 ユニフォームがオレンジからイエローに変わった江坂はスタメン、瀬川は途中出場で柏デビューを飾った。

「柏に決まってからも、“レイソルはポジション争いがすごく激しいし、正直出られなくなる時期も絶対あるけど、今までのように腐ることなく、いつでも試合に出られる準備を怠らずにやっていこう”と話した」(江坂)

 同じ道を歩んで来たからこそ、分かることがある。当然、お互いをリスペクトしている関係だからこそ、それは誰よりも深い。

「僕は就活をまったくしなくて、サッカー1本だった。もしJリーグからオファーが無かったら、地域リーグのクラブからオファーはあったし、海外に行く選択肢もあった。プロになるための覚悟はできていた。瀬川も相当な覚悟を持っている。あいつは就活をして一流企業の内定までもらっていた。

 周りからすれば、その時の群馬の給料や立場を見たら“企業に行った方がいい”と絶対に思うのに、サッカーを諦められないという理由で群馬を選んだ。僕も就活して企業に内定をもらっていたとしても、絶対に後悔すると思ったので、サッカーに打ち込んだ部分もある。2人ともサッカーに人生を懸けたと思う」(江坂)

「任くんは群馬で初めてJ1に“個人昇格”した選手ですし、活躍して大宮、レイソルという同じ道を歩んできた。“苦しんでもプロにはなれるんだぞ”というのを2人で見せて行けたら良いと思う」(瀬川)

 重なり合った数奇な運命の糸。柏で躍進し、A代表へと続く階段を駆け上って行けるか。大学、群馬、大宮と続いた彼らのチャレンジの第4ステージが幕を開けた。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
江坂任
瀬川祐輔
ザスパクサツ群馬
大宮アルディージャ
柏レイソル

Jリーグの前後の記事

ページトップ