JリーグPRESSBACK NUMBER

中村航輔、JベストGKから代表へ。
「フィジカル、“have to”だなって」

posted2018/02/02 07:00

 
中村航輔、JベストGKから代表へ。「フィジカル、“have to”だなって」<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

昨年末のE-1サッカー選手権で評価を上げた数少ない選手。中村航輔は正GK争いに割って入れるか。

text by

オノシンタロウ

オノシンタロウShintaro Ono

PROFILE

photograph by

Yuki Suenaga

 この時代に生まれたサッカー選手らしからず、全てのSNSの類をやっていない。

 記者の質問にも深く答えることは少ない。誰かとつるんで無茶をするわけでもない。同世代の煌びやかなインスタグラムの投稿をしり目に、携帯を見つめて1人、将棋のアプリをやり続ける。

 ストイックな変わり者。それが2017シーズン、Jリーグベストイレブンに選ばれた、柏レイソルの中村航輔だ。

 そんな中村はオフを迎えると、真っ先に連絡をとる選手がいる。川崎フロンターレの大島僚太である。

 所属クラブは異なるが、リオ五輪をともに戦い、時にA代表でも顔を合わせるようになった。中村と2つ上の無口な先輩は、以前からやけに馬が合う。今オフのこと、いつものように2人でいる際、ふとこんなことを言われた。

「ゴールキーパーのベストイレブンはさ、意味的にはベストワンだよね。日本で一番上手かったってことだから、責任があるよ」

 いつも同じような会話で、何気なく大島が発した言葉だが、中村の頭の中では深く残っていた。

JリーグでベストGKであることの責任と覚悟。

 サッカーにおいて明らかに他のポジションと異なるゴールキーパーは、他のポジションと違って、代わりが利かない。またポジション的にもベストイレブンに選ばれるのは、日本でたったの1人である。

「意味的には当たり前なんだけど、直接言葉で言われると、何かすごく頭に残ったんだよね。選ぶ人の基準があるのはわかってるし、日本で一番という言葉も、絶対にそれを鵜呑みにはしない。ただ、過去に取ってるのは確かにすごいし、ベストワンな人たちばっかりだから。自分がどうとかじゃなくて、もう1回その責任と覚悟みたいなものは、もっと深くというか、ちゃんと考えなきゃいけないのかなって」

 中村が尊敬してやまない元日本代表・川口能活はもちろん、日本代表でその背中を追う川島永嗣もベストイレブンを獲得した。そして長らく日本の守護神として君臨してきた。ちなみに、中村の背番号は川口が好む23番。柏からレンタルでアビスパ福岡に移籍した時も、この番号を井原正巳監督が選んでくれた。

【次ページ】 「サッカーって90分中の89分はフィジカルなんだと」

1 2 3 NEXT
中村航輔
柏レイソル

Jリーグの前後のコラム

ページトップ