JリーグPRESSBACK NUMBER

中村航輔、JベストGKから代表へ。
「フィジカル、“have to”だなって」 

text by

オノシンタロウ

オノシンタロウShintaro Ono

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2018/02/02 07:00

中村航輔、JベストGKから代表へ。「フィジカル、“have to”だなって」<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

昨年末のE-1サッカー選手権で評価を上げた数少ない選手。中村航輔は正GK争いに割って入れるか。

「責任と覚悟、GKにピッタリな言葉だよね」

 自分で考えるのは幼少からの癖でもある。大島の話を聞かせてくれた直後に、こう逆に質問された。

「みんな簡単に使うけどさ、リョウタ君がいった『責任』とか、あと『覚悟』って言葉の意味って知ってる?」

 笑いながら携帯で辞書を引っ張り出して読み上げる。

「『せきにん<責任>:立場上、当然負わなければならない任務や義務』。俺、漢字とか言葉の意味とか調べるのも、すごく好きだから。責任って難しいんだけど、言葉の意味としてはそういうことなんだよ。あと『覚悟』にはこう書いてある。

『かくご<覚悟>:危険なこと、不利なこと、困難なことを予想して、それを受けとめる心構えをすること』。案外知らなかったでしょ、俺はちゃんと意味を考えてしゃべってんだよ(笑)。責任と覚悟、ゴールキーパーにぴったりな言葉だよね」

 22歳。JリーグベストワンのGKに選ばれたとしても、日本代表のゴールマウスの前に立ち続けるには、まだ越えなければいけない壁がある。それでも、中村はその重い責任を理解している。その覚悟も、できている。

関連記事

BACK 1 2 3
中村航輔
柏レイソル

Jリーグの前後の記事

ページトップ