NumberEYESBACK NUMBER

エース富樫を欠くも千葉が連覇。チーム力の勝利を呼んだ2つの鍵。~Bリーグは1人のエースで優勝はできない~ 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2018/01/23 07:00

エース富樫を欠くも千葉が連覇。チーム力の勝利を呼んだ2つの鍵。~Bリーグは1人のエースで優勝はできない~<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

富樫不在のなか見事な活躍を見せた西村(左)。SFの小野は要所の3Pでも勝利に貢献。

 日本代表の主力で、Bリーグでも田臥勇太に次ぐ知名度を誇るのが富樫勇樹だ。昨シーズン、大野篤史が千葉ジェッツのヘッドコーチに就任してから、リーグ戦全てに先発してきたポイントガード(PG)である。そんな選手を大会直前の左太ももの負傷で欠いたジェッツが、天皇杯2連覇を達成した。

 細かい勝因はいくつも挙げられる。アグレッシブな守備からスピードある攻撃に転じるスタイルと短期決戦との相性が良いこと。スモールフォワードである小野龍猛のPG化に取り組んできたこと……。

 ただ、大きな要因は2つある。

 1つ目が、選手たちのメンタル面へのアプローチが実を結んだことだ。指揮官の大野は、言い続けてきた。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

千葉ジェッツ
西村文男
大野篤史
島田慎二

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ