スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

箱根駅伝で210人中58人がナイキ。
メーカー契約が勢力図を変える日も? 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/01/14 08:00

箱根駅伝で210人中58人がナイキ。メーカー契約が勢力図を変える日も?<Number Web> photograph by AFLO

全員がナイキに身を包んで戦い、箱根駅伝2位に入った東洋大。その足元を巡る戦いも、非常に熱い。

もし高校時代に履き慣れたシューズがあれば……。

 そうなった場合、アメリカと同じように高校生の進学先にも影響が出てくる可能性がある。

 特にヴェイパーフライ4%は、選手の走り方を変えると言われる。あるコーチは厚底の効果を、「接地した瞬間、強制的に下り坂を走っているような感じになるわけです」と話す。

 もしも、高校時代にヴェイパーフライ4%を履き慣れたとしたら――。

 ナイキ・スクールに進む確率は高くなるだろう。

 まさに、アメリカのカレッジ・スポーツと同じような流れが生まれてくる。

 その意味で、ヴェイパーフライ4%の登場は、単に選手の嗜好だけではなく、長距離界の勢力図にも影響を及ぼす可能性を秘めているのだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
東洋大学
青山学院大学
八村塁

陸上の前後の記事

ページトップ