バレーボールPRESSBACK NUMBER

妊娠9カ月までコートサイドに立つ。
監督・竹下佳江の求心力の源は何か。 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byAFLO SPORT

posted2018/01/11 08:00

妊娠9カ月までコートサイドに立つ。監督・竹下佳江の求心力の源は何か。<Number Web> photograph by AFLO SPORT

竹下率いるヴィクトリーナ姫路は、昨年12月の天皇杯・皇后杯ファイナルラウンドに初出場。成果は着実に出始めている。

移籍を決断した選手に竹下は「守るから」。

 その出来事の中、仙台から姫路へ移籍することを決断した選手の1人、髙橋咲妃惠はこう振り返る。

「すーごく迷って、最初は断るつもりでした。でもやっぱり声をかけてもらっているのはすごくありがたいと思った。周りからどういう目で見られるかというのを最初はちょっと気にしたんですけど、やっぱりどう思われても、自分の人生なので。吹っ切れました」

 そう覚悟を決めたものの、姫路に合流する日は緊張で固まっていた。その髙橋の心をほぐしたのは竹下監督の言葉だった。

「いろいろあったのをすごく理解してくれていて、『守るから』と言ってくれた。それがもう、すごく心強かったです」

 竹下監督は、「いろんな事情の中で悩んで決断して、うちのチームに来てくれたことはすごく嬉しいことだし、でもすごい葛藤があるのもわかる。何を言われようと選手は悪くない。じゃあ、その盾になるのは私たちでしかないから、という思いは常に持っています」と言う。

 何もなかったところに、様々な境遇の選手が集まり、少しずつ1つのチームになってきた。それは竹下佳江という大きな求心力があったからこそだろう。竹下自身も葛藤を抱え、悩み、その都度覚悟を持って乗り越えてきたからこそ人はついていく。いったん産休に入るが、これからも指揮官・竹下はチームの核であり続けるだろう。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

竹下佳江
ヴィクトリーナ姫路

バレーボールの前後のコラム

ページトップ