野球クロスロードBACK NUMBER

良くも悪くも期待を裏切る球団!?
3年目の梨田・楽天は優勝できるか。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/01/07 08:00

良くも悪くも期待を裏切る球団!?3年目の梨田・楽天は優勝できるか。<Number Web> photograph by Kyodo News

ルーキーイヤーながら記憶に残る活躍をした楽天・藤平。開幕から先発ローテを任されるべく期待されている。

「コラレスの呪い」とドラ1ルーキーの活躍ぶり。

 8月15日の西武戦で来日初先発を果たしたこの男は、3回5失点と炎上。後続もことごとく打たれ17失点の大敗。

 翌日からチームは5連敗。

 ドラフト1位ルーキー・藤平尚真のプロ初勝利で連敗を止めたが、そこから引き分けを挟んで今度は怒涛の10連敗。久々の勝利を呼び込んだのは、またしても藤平だった。

 自然と拡散する「コラレスの呪い」。

 コラレスよ、この19歳の新人投手に足を向けて寝ることなどできんだろう。なぜ、球団は'18年も残したんだ……。

 ペナントレースが終わってみれば、優勝したソフトバンクに15.5ゲームの大差をつけられての3位。0勝8敗とけちょんけちょんにされた西武の菊池雄星から、せめて2勝くらいしていれば2位にもなれただろうに……。

 全ては後の祭りである。

日本シリーズでDeNAとの「下剋上対決」が見たかった。

 せめてもの救いは、クライマックスシリーズでの奮闘か。

 ファーストステージ初戦で菊池にまた弄ばれてしまったが、第2戦から連勝。「初戦で負けたら突破率8.7%」の壁を「ファーストステージ突破率100%」の二度の実績('13年はリーグ優勝。だから、厳密には'09年の一度きり)が打ち破った。

 ファイナルステージでも王者ソフトバンクに連勝。第3戦から3連敗したが、間違いなくファンに夢を与えた。

 日本シリーズでDeNAとの「下剋上対決」が見たかった。

 何はともあれ、いい意味で期待を大きく裏切った'17年。

 喜びも悲しみも味わいました。犬鷲軍団は高く飛び続けます。あの歓喜、嬉し涙をもう一度。'18年は必ず見せてくれるでしょう、野球の、楽天の底力を――。

 竜飛崎から磐梯山まで。さあ、みんなで歌いましょう! 羽ばたけ楽天イーグルス♪

関連記事

BACK 1 2 3 4
梨田昌孝
東北楽天ゴールデンイーグルス
岸孝之
オコエ瑠偉
塩見貴洋
安樂智大
茂木栄五郎
カルロス・ペゲーロ
ジャフェット・アマダー
美馬学
則本昂大
松井裕樹
ジョシュ・コラレス
藤平尚真

プロ野球の前後の記事

ページトップ