球道雑記BACK NUMBER

阪神ドラ5谷川昌希はタフな成長株。
先輩・ロッテ有吉優樹からのエール。 

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/11/26 11:30

阪神ドラ5谷川昌希はタフな成長株。先輩・ロッテ有吉優樹からのエール。<Number Web> photograph by Kyodo News

1週間に6試合戦うプロの場では何試合も投げられるタフさは武器となる。谷川は甲子園のマウンドで持ち味を発揮できるか。

同じドラフト5位、有吉の活躍に続けるか。

 有吉は、こう言葉を続ける。

「結局、自分の体を、自分が一番知ることが根本になってくるのだと思います。試合前アップのときなどに、張っている体の箇所が分かれば重点的にほぐしてもらったりします。それを繰り返すことで、その日のパフォーマンスが前日と近い質を保てます。僕の場合、自分を知ることが出来るトレーナーに(プロ入り前から)出会っていたので、その方に3年間お世話になって、それが今でも生きているかなって思います」

 ちなみに有吉は今でも、事あるごとにこのトレーナーのところを訪れ、体を診てもらっている。谷川も同じだ。有吉は、来季から同じ舞台に立つ後輩に向けて、こんなエールを贈った。

「僕の影に隠れているって言いますけど、僕はそんな感じを全く受けなかったですね。あいつに先発してもらったこともありますし、自分が8回まで投げて、最後の1回をあいつに締めてもらうこともありましたから。僕からすれば……隠れていたのかな? って感じですよね。僕の中では一緒にやってくれて助かった部分があったので、ありがとうって感じです」

 有吉も谷川と同じドラフト5位でのプロ入りだった。その先輩がプロで結果を残し、なおかつ自分を高く評価してくれるのは何よりも心強いだろう。谷川も有吉に応えるようにこう言葉を返した。

「本当にありがたいですね。有吉さんがプロで投げているのを見てると、いい刺激になりますし、刺激しあいながらといいますか、僕が勝手に刺激もらっているだけかもしれないですけど、同じ舞台で投げることが出来たらいいなと思っているので、しっかりその舞台に立てるように今は頑張っていきたいです」

関連記事

BACK 1 2 3 4
阪神タイガース
谷川昌希
有吉優樹
九州三菱自動車
千葉ロッテマリーンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ