福西崇史の「考えるサッカー」BACK NUMBER

福西崇史が見た日本の改善ポイント。
要所を守る意識、奪ってからの速度。 

text by

福西崇史

福西崇史Takashi Fukunishi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/11/17 17:00

福西崇史が見た日本の改善ポイント。要所を守る意識、奪ってからの速度。<Number Web> photograph by Getty Images

2列目が献身的な守備を見せるのは必須。ではそこからどう攻撃を仕掛けるか? 日本に提示された新たな課題だ。

パススピードと精度をどれだけ上げられるか。

 そして技術面では、パススピードと精度を上げられるか。ブラジルのアタッカー陣がまさにそうでしたが、パススピードや走るスピードが落ちないので、効果的な攻撃が仕掛けられる。この形を多く出せれば、ゴールも奪いやすくなる。

 日本のカウンターが決定的な場面につながらないのは、この判断スピード、パススピード、走るスピードの部分が原因なので、ここを個人、チーム両面で突き詰めていきたいです。

 選手個人のプレーで見ると、代表初先発だった長澤が攻守とも落ち着きのあるプレーで、海外で育んだメンタルの強さを感じさせてくれた。楽しみな選手であると同時に、今後も浦和で高い質のプレーを見せ続けられるか。そこがW杯メンバー入りに向けてのポイントになります。

 一方で今回メンバーから外れた香川、本田、岡崎をはじめとした選手は、チームにプラスアルファとなる良さを出しつつ、コンセプトに対応することが求められる。

 ハリルホジッチ監督がどのような人選をするか次第ですが、差を痛感させられた中で伸ばすべきことは数多くあります。ただそれは、世界のトップとこのタイミングで戦ったことで感じられた差です。それを常に意識してどう差を埋めるかが、W杯本番までのテーマですね。

(構成・茂野聡士)

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ヴァイッド・ハリルホジッチ
本田圭佑
香川真司
岡崎慎司
長澤和輝
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ