“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

ともにJ内定、高橋大悟と生駒仁。
鹿児島で最高の宿敵、親友の物語。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2017/11/16 08:00

ともにJ内定、高橋大悟と生駒仁。鹿児島で最高の宿敵、親友の物語。<Number Web> photograph by Takahito Ando

激しいマッチアップを見せた高橋(左)と生駒。Jリーグの舞台で“再戦”の日を待つ。

「2人で鹿児島の代表として応援してもらえる存在に」

「仁はこれからも僕の中で特別な存在。もっと切磋琢磨していきたいし、まずはあいつの分も選手権で結果を出したい」

 高橋は力強く敗れた親友にエールを送ると、生駒も試合中に声を出し続けたことで、かすれてしまった声を振り絞りながら、「悔しいし、チームを勝たせられなかった自分が本当に不甲斐ない……でも、大悟との戦いは本当に楽しかった。やっぱり僕にとって大悟は大事な存在で、あいつがいなかったら自分も成長出来ていなかった。存在は大きいです」と、改めて感謝の言葉を口にした。

 信頼関係で結ばれながら、お互いの能力を引き出し合う幸福な関係は、これで終わった訳ではない。来年からは“プロ編”が始まる。

「これからサッカー選手として、どちらかではなく、お互い成功出来るように頑張りたい。そして2人で鹿児島の代表として、県民の皆さんに応援してもらえる存在になりたい」(高橋)

 オレンジとトリコロールのユニフォームにそれぞれ身を包み、プロの世界で多くのガチンコ勝負を重ねていく軌跡は、2人の絆を示す“成長物語”として紡ぎ出されていく――。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
神村学園高校
鹿児島城西高校
高橋大悟
生駒仁

高校サッカーの前後の記事

ページトップ