第94回箱根駅伝(2018)BACK NUMBER

「3強」は青学大、神奈川大、東海大だが……。
今季の箱根駅伝は、どの大学も面白い! 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/11/09 11:00

「3強」は青学大、神奈川大、東海大だが……。今季の箱根駅伝は、どの大学も面白い!<Number Web> photograph by Kyodo News

全日本で優勝した神奈川大のアンカー・鈴木健吾は、昨季は箱根の2区で区間賞だった。

2年ぶりに箱根に戻ってきた中央大に注目!

 また、箱根駅伝では優勝争いだけでなく、次回のシード権がかかる「10位」争いからも目が離せない。今回、注目されるのは2年ぶりに箱根路に戻ってくる中央大学だ。

 前回、中大は予選会で11位となって、87回続いていた連続出場が途切れた。しかし、チームは2年目を迎えた藤原正和監督のもとでメキメキと力をつけ、予選会を3位で通過。

 藤原監督は、

「予選会の前は、学生たちに『7位から12位までどの順位になってもおかしくはない。しっかりと自分の力を出し切ろう』と話していたんですが、選手たちがスタッフの想像以上の走りをしてくれました。みんなの成長している姿を見られて、将来の可能性を感じました」

 と話し、本大会では8位を目標にシード権獲得を目指している。

東大、筑波大、慶応大も入る学連チーム。

 また、本大会に出場する20校以外の選手たちで編成される「関東学生連合チーム」には、これまで箱根駅伝とはあまり縁のなかった大学からも選手が選ばれた。

 今回選ばれた選手の中で予選会記録のトップは、近藤秀一。彼は東京大学で学んでいる。また、第1回大会に出場した東京高等師範学校の流れをくむ筑波大学からは相馬崇史、陸の王者・慶應義塾大学からは根岸祐太が選ばれており、各大学の卒業生、関係者にとっては楽しみが増えるだろう。

 様々な色のたすきが織り成す、筋書きのないドラマ、箱根駅伝。どうしても優勝争いに目を奪われがちだが、それぞれのチームが目標に向かって練習を重ねる姿にこそ、価値がある。

 1月3日、大手町のゴール地点では、歓喜と失望が入り交じる。

 さて、笑顔を見せるのは、どの大学だろうか――。

関連記事

BACK 1 2 3
神奈川大学
青山学院大学
東海大学
大後栄治
原晋
両角速
中央大学
藤原正和

陸上の前後の記事

ページトップ