マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

全巡目から1人ずつ選んでみると……。
「妄想ひとりドラフト」1位は誰に? 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2017/11/06 07:00

全巡目から1人ずつ選んでみると……。「妄想ひとりドラフト」1位は誰に?<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

清原和博を超える1大会6本塁打でスターになったが、中村奨成は守備も「超」がつく一流なのだ。

バッティング以上に、ディフェンスこそが中村の本質。

“6弾”があったから、どうしても彼はバッティングで語られがちだが、捕手・中村奨成の本質はむしろ「ディフェンス」だ。

 ライナー軌道で80m投げられる猛肩は、敏捷なフットワークという味方を得て、さらに輝きを増す。

 地肩の強さに任せた強引な強肩ではないから、1年間フル出場しても故障の心配が少ない。

 バッテリーを組んでいた平元銀次郎もドラフト候補の左腕だったが、リリースがかなり見にくい速球、スライダー、カーブを、ブルペンではノーサインで捕球して磨いたキャッチング技術。

「捕手」に対する興味、好奇心も旺盛で、今、180cm75kgの体躯が、抜群のスピードを損なわない範囲で、82~3kgになった時の姿を妄想すると、それだけでもうジットリと手の平が湿ってくるようだ。

 さあ、後半では、2位以下の“指名”をお伝えしたい。

 1位は捕手でいった。ならば、2位は投手なのか。野手で推すのか。ポジションのバランスを考慮した指名になるのか、あくまでも実力最優先で攻めるのか。お楽しみに!

関連記事

BACK 1 2 3 4
清宮幸太郎
中村奨成
安田尚憲
鈴木博志

プロ野球の前後の記事

ページトップ