サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

ボランチ、CB、そして4バックの右。
万能・遠藤航をハリルはどう使う? 

text by

轡田哲朗

轡田哲朗Tetsuro Kutsuwada

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2017/10/06 07:00

ボランチ、CB、そして4バックの右。万能・遠藤航をハリルはどう使う?<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

W杯最終予選イラク戦で遠藤は中盤でプレーした。23人というW杯登録人数を考えれば、複数位置でプレーできる選手の存在は貴重だ。

3つのポジションをカバーできるという意味。

 遠藤をサイドバックの枠に入れておくことは、ボランチはもちろん緊急事態が起きた時にはセンターバックに回すこともできるという点で、3つのポジションをカバーする意味を持つ。そうなれば、攻撃的なポジションの中で速さや高さといった特殊な武器を持つ選手を入れる余地が作りやすくなる。リオ五輪の世代で常に主将を務めてきたこともあり、その世代の選手たちに対する求心力も申し分ない。

 浦和はペトロヴィッチ前監督と5シーズン半にわたって3バックシステムで戦ってきただけに、それに適した選手を獲得し、チームに残してきた。そのため、堀監督体制で4バックを導入した時にサイドバックの人選に苦労するのは自然な流れだ。

 遠藤を右サイドバックに起用するというアイディアは、ケガの功名という要素もあるのだろう。しかしながら、遠藤が将来的にピッチ中央でのプレーにこだわりを持つにしても、このコンバートは遠藤自身にもワールドカップ本大会への切符をつかむチャンスを広げ、浦和だけでなく代表チームにも新たな選択肢を生んでいるのではないだろうか。

関連記事

BACK 1 2 3 4
浦和レッズ
遠藤航
ヴァイッド・ハリルホジッチ
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ