セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

2年連続昇格でまさかのセリエA!
“魔女の街”ベネベントの大冒険。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/08/26 08:00

2年連続昇格でまさかのセリエA!“魔女の街”ベネベントの大冒険。<Number Web> photograph by Getty Images

初のセリエA開幕をアウエーで迎えたベネベントは昨季10位サンプドリアを相手に先制するも、前半38分、後半9分に失点して、逆転負けを喫した。

開幕戦ではサンプドリアをあと一歩まで追い詰めた。

 躓く1歩1歩がセリエAレベルの成長につながる。ベネベントは現実に目が覚めた。

 20日、ベネベントはサンプドリアとの歴史的一戦に挑んだ。

 彼らは敵地での初陣に萎縮するどころか果敢に攻めこみ、MFチチレッティが15分に先制弾を叩き込むなど躍動した。

 サンプから2点を返され逆転負けを喫したものの、ベネベントはロスタイムまでしっかりと眼前の相手に立ち向かい、“魔女の男たち”の名に恥じないゲームを見せた。

 開幕戦の黒星にも、指揮官バローニは満足気だった。

「カテゴリーが変わっても、“攻める”といううちのサッカー哲学は変わらない。我々はこれからもオープンな打ち合いに挑み続けるよ。このチームはセリエAでもやれる」

 惜敗といえる内容に、ベネベントが得た手応えは大きい。彼らにしてみれば、相手がどこであれ勝ち点1で大儲け、仮に白星でも上げれば末代までの語り草だ。

 むしろ、実質3部チームと侮った相手に失点した古豪サンプドリアの動揺は大きかった。

 王者ユーベやミラノの2強はもちろん、あらゆるチームにとって、ベネベント戦は絶対に勝ち点3を落とせないゲームだ。シーズンが進むにつれ、プレッシャーがかかるのは相手チームの方ではないか。

 長いシーズンの間にベネベントは必ずや金星を上げるはずだ。

 もしかしたら、セリエAのクラブたちは、すでにベネベントの魔女の呪縛にかかっているのかもしれない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
ベネベント

海外サッカーの前後の記事

ページトップ