サッカーの尻尾BACK NUMBER

「吉田の相棒」に、この男はどうだ?
鈴木大輔が欧州での1年半を語る。 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/06/16 08:00

「吉田の相棒」に、この男はどうだ?鈴木大輔が欧州での1年半を語る。<Number Web> photograph by AFLO

昔から精悍な顔つきだったが、現在の鈴木大輔はいかにも頼れるCBという風貌に。ロシアW杯時は28歳。

吉田から届いた、アツいメッセージ。

 5年前の夏、ロンドン五輪で鈴木は世界と戦った。最終ライン、彼の隣にいたのは吉田麻也だ。

 少し前に、吉田から連絡があった。メッセージにはこうあった。

“欧州での日本人センターバックの評価を、ふたりで変えていこう”

 かつて世界を前にともに戦った相方の叱咤激励だと、鈴木は捉えている。

「頑張れよ、と。ナスティックの結果も見てくれているみたいです。今季の麻也くんは、マジで凄かったと思う。欧州でCBをやることの大変さを知っているから、なおさらそう思う。彼は今の自分じゃ計り知れないくらい大きなステージでやっていて、その中での結果ですし。そんな麻也くんも試合に出られなかった時期もあったから、その時の苦しさもわかるんです。それこそ右サイドバックをやったり……。でも、試合に出ていない時に気づくことの方が、大きいんです。麻也くんもその時に、何かをつかんだんだろうなと思う。今、ピッチに立っている時に漂う自信というのは、何かをひとつ乗り越えた感が出ている。そういう意味でも尊敬して追っていますね」

 苦しい日々を生きる中で、選手としての幅を広げた鈴木。再び、日本代表のユニフォームを着て吉田と組む日は来るのだろうか。視線の先には1年後のワールドカップがある。

関連記事

BACK 1 2 3 4
鈴木大輔
吉田麻也
タラゴナ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ