Number ExBACK NUMBER

長谷部誠「マヤ、お前なら余裕だ」
“吉田史上最高”の時が訪れた理由。 

text by

松本宣昭

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2017/06/01 07:00

長谷部誠「マヤ、お前なら余裕だ」“吉田史上最高”の時が訪れた理由。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

28歳となった吉田は全身からたくましさを感じさせる。いつの間にか最終ラインの門番に相応しい風格を身につけたのだ。

年上もいるが、リーダーシップを取るのは難しくない。

 3月のW杯アジア最終予選、ピッチ上にはウズベキスタン人や韓国人のレフェリーと、英語で落ち着いて会話を交わす吉田の姿があった。チームも2試合連続で完封勝利を飾り、グループBの首位に浮上した。

「チームとして、絶対に勝ち点3を取りたいと思っていたし、個人的にもこのタイミングでキャプテンを任されて、絶対に失敗できない、変なことはできないっていう重圧は、すごくありました」

 オーバーエイジで選出され、キャプテンとなったロンドン五輪のときとは違い、A代表には年上の選手たちもいる。その中で28歳の吉田がリーダーシップを発揮することに、難しさはないのか。

「いや、基本的に日本代表の選手はみんな真面目で、しっかりチームのためにプレーしますから、やりづらいなって感じる人はいないんです。だから、チームをまとめるという意味では、難しくない」

 6月、アウェーでのイラク戦に向けても長谷部の回復は間に合わず、メンバーリストに彼の名はなかった。勝てば、ロシアW杯出場権獲得に大きく近づく大一番。キャプテンマークは、再び吉田麻也に託される。

 Number928号「サッカー日本代表 35人の物語~失意の敗戦から1073日」では、吉田麻也の最新の言葉、そしてハリルジャパンの仲間たちへの思いを赤裸々に告白した記事が巻頭記事として掲載されています。他にも、連続インタビューとして久保裕也、大迫勇也、酒井宏樹、酒井高徳、川島永嗣……らの生の声が収録されています。6月の日本代表の連戦前に、ぜひハリルジャパンの最新情報のご確認を!
サッカー日本代表 35人の物語。

Sports Graphic Number 928

サッカー日本代表 35人の物語。

 

関連記事

BACK 1 2 3
吉田麻也
サウサンプトン
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ