テニスPRESSBACK NUMBER

錦織圭、ハッキリ見えた復調への道。
全仏の直前に取り戻した「試合勘」。 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byAP/AFLO

posted2017/05/29 11:55

錦織圭、ハッキリ見えた復調への道。全仏の直前に取り戻した「試合勘」。<Number Web> photograph by AP/AFLO

全仏への足慣らしとしてはまずまずだった錦織。ちなみに準決勝の相手は、ジョコビッチを破って話題のアレクサンダー(20歳)の兄・ミーシャ。29歳で世界ランク33位(5月22日現在)。

錦織らしい、ボールに食らいつくガッツが戻った!

「アンフォーストエラーがいつも以上に多いのは明らか。サーブも試合によって崩れてしまうことがある」と話したように、ショットにはまだ精度が出てきていない。

 準決勝では、後陣に下がって守るズベレフに幻惑されたまま立て直せなかった。

 プレーの粗さ、ゲーム運びの拙さはまだ目立つが、動きに躍動感が戻り、ボールに食らいつく錦織らしいガッツも取り戻している。少なくとも、自信回復に向けての「ちょっとずつ」を積み重ねることはできているに違いない。

 準決勝敗退の翌日、全仏の舞台となるパリに移動して、午後から会場で練習を行った。

 疲労回復より練習を優先させたのも、いい傾向だろう。運動量は少なめだったが、ボールの感触を確かめ、しっかりラケットを振ることを重視した練習だった。

 春先からのもやもやがすっきり解消されたとは言えないが、復調のレールに乗ったと見て間違いない。本番の全仏では、すっきりした答えを出してくれるだろう。

関連記事

BACK 1 2 3
錦織圭
ミーシャ・ズベレフ

テニスの前後の記事

ページトップ