オリンピックPRESSBACK NUMBER

パウエル直伝のスタート&肉体改造。
“関西発”100m走の新星・多田修平。 

text by

別府響(Number編集部)

別府響(Number編集部)Hibiki Beppu

PROFILE

photograph byAFLO SPORT

posted2017/05/29 07:30

パウエル直伝のスタート&肉体改造。“関西発”100m走の新星・多田修平。<Number Web> photograph by AFLO SPORT

多田(写真右端)は、ガトリン、ケンブリッジらと比べると、ひときわ細い身体に見えるが……。

桐生、ケンブリッジ、山縣とは全く違う個性で勝つ!

 ケンブリッジやガトリンと比べると、176cm、68kgの肉体は一際、華奢である。その分、伸びしろが至る所に感じられ、そのことは本人が一番理解しているのだろう。

「後半になると体幹の弱さがまだあるので、そこが課題ですね。肉体改造という意味でも、筋力トレーニングをしていければと思います」

 生粋の関西育ちらしく、口調はコテコテの関西弁。しかし物腰や声のトーンは実に柔らかい。そしてそんな優しげな口調から発せられる言葉は、意外に強烈だ。

「やっぱりオリンピックの3強(桐生、ケンブリッジ、山縣)を崩せるような選手になっていきたいと思っています。100mは強い選手が多いですけど、その牙城を崩して、ロンドン(世界陸上)を目指したいです」

 細面の青年は、そう言って不敵に笑った。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

多田修平
ケンブリッジ飛鳥
桐生祥秀
山縣亮太
伊東浩司
朝原宣治
サニブラウン・アブデルハキーム
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ