JリーグPRESSBACK NUMBER

ACL日韓戦での成功体験をJでも。
浦和、川崎が身につけ始めたタフさ。 

text by

吉崎エイジーニョ

吉崎エイジーニョ“Eijinho”Yoshizaki

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2017/03/08 11:30

ACL日韓戦での成功体験をJでも。浦和、川崎が身につけ始めたタフさ。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

自慢のコンビネーションにプラスして、相手の気勢を削ぐような激しいプレッシングを。浦和はACLの戦いを経て、新たな次元に達しようとしている。

自分たちを変化させるべきか、あくまで自分を貫くか。

 このスタンスで、近年では日本勢で最高の結果(2015年ベスト4)を残した。しかしこの日は済州に対し、従来の4バックではない3バックを初めて採用。長谷川監督は背景をこう口にした。

「なかなか詳しくは言えない部分があるが、現状で私がそう感じて、シーズン前から準備してきたこと。一つのオプションとしてきっちりとどちらも使えるようにしたい。(ACLの)グループステージで昨季のように敗退するわけにはいかない」

 5日のJ1第2節・柏レイソル戦では一転、3バックが機能したというが、今後どう出るか。

 相手に対して、自分たちを変化させるべきか、あくまで自分を貫くか。

 まだまだこの戦いは続くが、ひとつよい傾向が出てきているのは確かだ。

「Jリーグを代表してACLを戦う強さを見せつけよう」

 浦和レッズはC大阪戦でも、相手の守備ライン近くでボールを奪うシーンを見せた。37分には武藤の守備からボールをかっさらい、2点目が生まれている。ACLのいい流れがJリーグにも続いているのではないか。槙野にそう水を向けてみると、“予想的中”だった。

「確かに。昨年まではJリーグの笛(ジャッジ基準)とACLの笛が少し違う部分があうので分けていたところがあるんですが、今日はロッカールームで少し違う話が出た。“Jリーグを代表してACLを戦う強さを見せつけよう”と」

 つまりACLモードの激しさでリーグも戦った、ということ。これはよい変化だ。外からの空気をJリーグに送り込む。ACLの価値もぐんと上がる、というものだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6
浦和レッズ
鹿島アントラーズ
川崎フロンターレ
ガンバ大阪
柏レイソル
槙野智章

Jリーグの前後の記事

ページトップ