酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

プロ野球史上最もBMIが高いのは?
金やん、王さんからおかわり君まで。 

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/02/10 11:00

プロ野球史上最もBMIが高いのは?金やん、王さんからおかわり君まで。<Number Web> photograph by Kyodo News

2016年の中村は規定打席未到達ながら21本塁打を放った。実は走塁センスもあり、通算で22盗塁をマークしている。

昨年のNPB在籍選手で100kg超は55人もいた!

 このランキングを見てわかるのは、現役を含め、最近の選手が多いこと。昭和の時代は100kg超の野球選手なんてほとんどいなかった。「怪童」と言われた西鉄ライオンズの中西太でも173cm/93kg(BMI:31.07)だ。

 日本プロ野球は急速に巨大化しているのだ。昔は「太っちょ」は、野球選手に向かないと言われたが、今は「太っちょのアスリート」が結構いるのだ。パワーを活かして成績を残す選手が増えてきている。

 MLBでも昨年引退したプリンス・フィルダー(180㎝/125kg、BMI:38.58)、三冠王のミゲル・カブレラ(198cm/109kg、BMI:27.80)、カンフーパンダことパブロ・サンドバル(180cm/109kg、BMI:33.64)などのお相撲さん体形のスラッガーがたくさんいる。

 ちなみにフィルダーとカブレラは2012年、2013年にタイガースの一塁、三塁を守っていたが、打撃はともかく、守備面では大いに不安視されたものだ。

 昨年、NPBに在籍した選手の中には100kg超が55人もいた。もはや珍しくない。「おかわり君」を超える「太っちょ大選手」も出てくるに違いない。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

園部聡
中田亮二
中村剛也
山川穂高
井上晴哉
ジャフェット・アマダー

プロ野球の前後のコラム

ページトップ