詳説日本野球研究BACK NUMBER

WBC、侍ジャパンに大きな変化が!
先発型よりリリーフ重視の編成に。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2017/01/26 11:30

WBC、侍ジャパンに大きな変化が!先発型よりリリーフ重視の編成に。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

WBCでも二刀流で挑むのか注目される大谷。投手では先発として起用されるのは確定だろう。

松井、平野、岡田の選出でリリーフ重視の編成に。

 それに対して日本代表はリリーフ重視の編成になっている。先に発表されていたメンバーで先発型は大谷、菅野、則本、リリーフ型は増井、宮西、牧田、秋吉だった。新たに代表入りが決まったのは先発型が千賀、石川、藤浪。一方でリリーフ型は松井、平野、岡田で以前と比べるとリリーフ重視になっている。

 この変化が吉と出るか凶と出るか。過去の戦い方を見て、他国に少ないサイドハンド、アンダーハンドが有効、という考え方は捨てたほうがいいと思う。

 選出の基本は型ではなく実力。1次、2次ラウンド終了後に2人まで投手の入れ替えが可能な「予備投手枠」が正式に決まった場合のことを考えて準備してほしい。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
増井浩俊
宮西尚生
大谷翔平
牧田和久
則本昂大
菅野智之
秋吉亮
千賀滉大
石川歩
松井裕樹
平野佳寿
藤浪晋太郎
岡田俊哉

プロ野球の前後の記事

ページトップ