猛牛のささやきBACK NUMBER

「鈴木一朗」も過ごした寮の移転。
オリックスと神戸、1・17からの未来。 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byNoriko Yonemushi

posted2017/01/20 07:00

「鈴木一朗」も過ごした寮の移転。オリックスと神戸、1・17からの未来。<Number Web> photograph by Noriko Yonemushi

1・17から22年。当時を知る福良監督と田口二軍監督、そして選手たちは決意を新たにした。

新施設はトレーニングルームや練習場が最新鋭に。

 寮の選手の部屋は現在の青濤館よりも少し狭くなるが、室内練習場やトレーニングルームは格段に広くなり、最新の設備が揃う。

 2年目の佐藤世那は、「ウエイトルームは広くてすごくやりやすそうだし、外に出たらすぐランニングできるところもある。近くに遊びにいくようなところもないので、しっかりここに閉じこもって練習します」と笑う。

 佐藤世と同じく2年目のシーズンを迎える大城滉二も、「設備がいいしすごくキレイなので、気持ちが入ります。『やってやろう!』と思いました」と白い歯をのぞかせた。

 神戸を離れる寂しさと、新天地で心機一転、新シーズンを迎える期待感、その両方が入り交じる1月のオリックス。選手たちは神戸での最後の時間を静かに噛みしめながら、昨年の最下位からの反撃に向け準備を整えている。

関連記事

BACK 1 2 3 4
オリックス・バファローズ
イチロー
田口壮
福良淳一
山岡泰輔
山本由伸
岡崎大輔
安達了一
武田健吾
吉田雄人
佐藤世那
大城滉二

プロ野球の前後の記事

ページトップ