メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

大谷翔平とベーブ・ルースの4年間。
投打の数字比較から未来を想像する。

posted2016/10/17 07:00

 
大谷翔平とベーブ・ルースの4年間。投打の数字比較から未来を想像する。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

CSファイナルステージ第1戦ではDHを解除して「8番・投手」として投打に勝利に貢献した。

text by

ナガオ勝司

ナガオ勝司Katsushi Nagao

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

 大谷翔平が日本プロ野球のポストシーズンで投げると聞いて、ベーブ・ルースのことを思い出した。実際にルースを見たことがあるわけではないので、思い出したと言ってもそれは記録のことである。

 それも打者ルースではなく、投手ルースの記録だ。

 我々がよく知る「国民的英雄」のルースは、メジャー歴代3位の通算714本塁打のスラッガーであり、それは彼が25歳でヤンキースに移籍してからの打者ルースである。

 それまでの彼はレッドソックスの主戦投手で、「二刀流」というよりは、打者としても周囲を唸らせる投手だったようだ。当時のアメリカン・リーグはまだ指名打者制度を導入しておらず、投手が打席に立つのは自然なことだった。

 とは言え、ルースは投手時代のメジャー2年目に10試合、3年目には23試合と野手としても出場し、“二刀流”をやっていた時期があった。

デビューからの4年間の投手成績を比べてみると。

 大谷と同じ19歳でメジャー・デビューしたルースは、晩年にも投手として登板しているが、ここでは大谷と同じデビューから最初の4年間のみに焦点を当ててみる。

<投手成績の比較>

●ベーブ・ルース
1年目(1914)19歳 勝率.667 防御率3.91 奪三振率1.20
2年目(1915)20歳 勝率.692 防御率2.44 奪三振率4.60
3年目(1916)21歳 勝率.657 防御率1.75 奪三振率4.70
4年目(1917)22歳 勝率.649 防御率2.01 奪三振率3.50

大谷翔平
1年目(2013)19歳 勝率1.000 防御率4.23 奪三振率6.76
2年目(2014)20歳 勝率.733  防御率2.61 奪三振率10.39
3年目(2015)21歳 勝率.750  防御率2.24 奪三振率11.01
4年目(2016)22歳 勝率.714  防御率1.86 奪三振率11.19

ルース4年通算 勝率.666 防御率2.53 奪三振率3.5
大谷4年通算 勝率.750 防御率2.49 奪三振率10.35

【次ページ】 投手ルースが「打たせて取る」タイプという意外性。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大谷翔平
ベーブ・ルース

MLBの前後のコラム

ページトップ