Jをめぐる冒険BACK NUMBER

興梠、塩谷、藤春それぞれの五輪。
責任ではなく恩返しを見せて欲しい。 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byJMPA

posted2016/08/19 11:30

興梠、塩谷、藤春それぞれの五輪。責任ではなく恩返しを見せて欲しい。<Number Web> photograph by JMPA

リオ五輪で、代表そのものへの意欲が興梠慎三の中で変化したのだとすれば、今後の展開に期待が高まる。

2戦後、足を止められなかった塩谷の後悔。

 3人のなかで最後に現れたのが、塩谷だった。

 取材ルームの壁にそって柵で仕切られた取材ゾーン。最初のコーナーを曲がって5メートルほど過ぎたところで報道陣に声をかけられた塩谷は、この日は足を止めた。

“この日は”というのは、コロンビアとの第2戦を終えたあとは、呼びかけに応えることなく、取材エリアから去ってしまっていたからだ。

 ナイジェリアとの初戦のあとには、ドーピング検査のためにひとり遅れてミックスゾーンに現れ、10分以上にわたって取材に対応している。それまでもずっと真摯に受け答えをしていた彼にしては、意外なことだった。

 だが、足を“止めなかった”のではなく、“止められなかった”のだろう。

「このチームのことがすごく好きだったから、何とかしてチームの力になれたら、と思ってプレーしていましたけど……」

 スウェーデン戦後、開口一番にチームへの想いを口にした塩谷はその後、無念な想いを吐き出した。

「結局チームの力になれなくて、本当に申し訳ないなと思います。初戦で引き分けていればとか、2戦目で勝っていればとか、そういう風になってしまいますけど、それが自分の力だと受け止めて……。1試合目と比べると3試合目は非常に良いサッカーができていたと思うので、日本代表として見ている人に何か伝えられたんじゃないかと、プレーしながら……。だからこそ勝ち上がれなかったことが悔しいし……悔しいです」

 守備陣のミスから試合を落としてしまったナイジェリア戦。必勝を期して臨んだコロンビア戦でも2点を奪われ、チームを勝利に導けなかった……。その責任を痛感し、言葉にできなかったのかもしれない。

慣れない4バック、岩波を押しのけたプレッシャー。

 オーバーエイジの融合が本格的に図られたのは、ブラジル入りして2日目の7月24日のことだった。センターバックにとって、パートナーとのチャレンジ&カバーの連係ミスや、ラインコントロールにおけるDF陣との呼吸の乱れは命取りとなる。

 ましてや、広島では普段、3バックの一角としてプレーし、4バックには慣れていない。しかも、これまで植田直通とコンビを組んできた岩波拓也を押しのけて、自身が試合に出場するのだ。岩波が負傷明けとはいえ、3人のなかで塩谷が最もプレッシャーのかかる心理状態でピッチに立っていたのは確かだろう。

【次ページ】 手倉森監督「責任を取るのは俺だから」

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

興梠慎三
塩谷司
藤春廣輝
手倉森誠
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ