Jをめぐる冒険BACK NUMBER

興梠、塩谷、藤春それぞれの五輪。
責任ではなく恩返しを見せて欲しい。 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byJMPA

posted2016/08/19 11:30

興梠、塩谷、藤春それぞれの五輪。責任ではなく恩返しを見せて欲しい。<Number Web> photograph by JMPA

リオ五輪で、代表そのものへの意欲が興梠慎三の中で変化したのだとすれば、今後の展開に期待が高まる。

手倉森監督「責任を取るのは俺だから」

「(オーバーエイジとしてのプレッシャーは)やっぱり意識しましたね。意識しないようにと思っても、どこかで意識してしまった……。初戦もそれで気負いすぎたのかなと思います」

 そんな塩谷の肩の荷を取り除いたのが、手倉森監督だった。

「初戦が終わったあとテグさんがオーバーエイジだけを集めて『お前らは責任を感じなくていい。責任を取るのは俺だから』と言ってくれて、それで気持ちが楽になって。それが2戦目、3戦目のプレーに繋がったんじゃないかと思います」

 A代表に定着しているわけでもなく、世界大会での経験があるわけでもない。ほかにも候補がいるなかで、チャンスを与えてくれた指揮官の期待に応えられなかったことが、塩谷の表情を暗くさせていた。だが、塩谷は分かっている。その恩に報いるには何をしなければならないのかを。

「ここでの経験を今後のサッカー人生に生かさなければ、呼んでもらった意味がない。今後、自分がもっともっと上のレベルになって、いつかテグさんに会ったとき、『シオを呼んでよかった』と言ってもらえるような選手になりたいと思います」

 年下の選手の中に3人だけ加わるオーバーエイジ。当然のことながら、助っ人の意味合いは強くなる。ましてや今回は、結束力をひとつの武器にアジア王者に輝いたチームに加わったため、難しいシチュエーションだったのは間違いない。

 3人が味わった悔しさは、23歳以下の選手たちが味わったのとはまた、異なる種類のものだったに違いない。彼ら3人がこの苦い経験をどう昇華させるのか――。

 さっそく週末のJリーグで彼らのプレーが見たいと思う。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

興梠慎三
塩谷司
藤春廣輝
手倉森誠
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ