格闘技PRESSBACK NUMBER

G1クライマックス、26年目の変貌。
優勝者ケニー・オメガのジェラシー。 

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2016/08/17 11:00

G1クライマックス、26年目の変貌。優勝者ケニー・オメガのジェラシー。<Number Web> photograph by Essei Hara

最初の来日は飯伏幸太らが所属していたDDTによって果たされたオメガ。G1クライマックスでは、自らの集大成ともいえる戦いぶりで会場を沸かせた。

日本のプロレスの流れをオメガは変えられるか?

 レスラーには珍しくオメガは酒を飲まない。

 ディック・マードックやアンドレ・ザ・ジャイアントの尋常ではない飲みっぷりをよく知っている私にとっては、レスラーとしてのイメージにギャップがあり過ぎる。

 祝勝の乾杯に限っては、しきたりに従ってビールでやることになったが、「(祝勝会の)後で飲むのはコーラだ」(オメガ)という。

 1991年に、ビッグバン・ベイダー、クラッシャー・バンバン・ビガロ、スコット・ノートンら、スーパー・ヘビー級の「ガイジン」の迫力でも人気を呼んだG1クライマックスは、26年目の夏、時代のニーズに合わせて、激しいテクニカルな攻防に変身していた。

 テレビ放送席では……前人未到のG1クライマックスV5を達成し、その代名詞とも言われた“夏男”蝶野正洋が戦いをじっと見つめていた。

関連記事

BACK 1 2 3
オカダ・カズチカ
棚橋弘至
内藤哲也
ケニー・オメガ
後藤洋央紀
坂口征二
蝶野正洋
ビッグ・バン・ベイダー
クラッシャー・バンバン・ビガロ
スコット・ノートン
新日本プロレス

プロレスの前後の記事

ページトップ