バレーボールPRESSBACK NUMBER

栗原恵は今もコートに立っている。
変わらぬ可憐な笑顔と、新たな役割。 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/07/30 07:00

栗原恵は今もコートに立っている。変わらぬ可憐な笑顔と、新たな役割。<Number Web> photograph by AFLO

今年1月、栗原恵は通算230試合出場を果たし、Vリーグ栄誉賞の資格を得た。

自らも挫折を経験した五輪メンバー発表には……。

 サマーリーグが開幕する4日前、リオデジャネイロ五輪の女子日本代表のメンバー発表があった。昨年のワールドカップで活躍し、今年5月の五輪最終予選でもメンバーに入っていた20歳の古賀紗理那(NEC)の落選は驚きだった。10代で日本を背負う若きエースと注目を浴び、4年前のロンドン五輪ではメンバーからの落選という挫折も経験した栗原と、古賀が少し重なって見えた。

「彼女が『もう一回頑張ろう!』と思えるような環境を」

 両方の経験を、この1年の間に一度に味わうことになった古賀への思いを、栗原に聞いた。

「全然えらそうなことは言えないんですけど……」と遠慮しながらも、こう話してくれた。

「たぶん周りの人からは、『まだチャンスがあるよ』というふうに言われていると思うんですけど、頑張っていた本人にとっては、受け入れるのに時間がかかるでしょうし、つらいと思います。でも、やっぱりそういう経験も絶対にムダにはならないと思う。『ここで終わりじゃない』というふうに、捉え方一つで変わってくる部分が絶対にあると思います。

 監督の考え方一つで(選手の)進退が決まってしまうのがこの世界なので、残酷な言葉を言われることもありますが、まだ若い選手なので、うまく眞鍋(政義)監督の口から、次につながるような、いいきっかけにできるような言葉をかけてもらっていたらいいな、という思いはあります。リオで終わりじゃなく、先のオリンピックもあるので、そこを見据えた時に、彼女が『もう一回頑張ろう!』と思えるような環境を周りが作らないといけないと思いますね」

【次ページ】 変わらぬ可憐な笑顔と、芯の強さと覚悟。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

栗原恵
日立リヴァーレ
アリー・セリンジャー

バレーボールの前後のコラム

ページトップ