バレーボールPRESSBACK NUMBER

栗原恵は今もコートに立っている。
変わらぬ可憐な笑顔と、新たな役割。 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/07/30 07:00

栗原恵は今もコートに立っている。変わらぬ可憐な笑顔と、新たな役割。<Number Web> photograph by AFLO

今年1月、栗原恵は通算230試合出場を果たし、Vリーグ栄誉賞の資格を得た。

変わらぬ可憐な笑顔と、芯の強さと覚悟。

 光も影も見てきた栗原の言葉には重みがある。しかしそう伝えると、「全然全然! 今もまだもがいている最中です」とかぶりを振った。

「自分が若い時に見ていたベテランの方々が偉大すぎて、自分がいざベテランになっても、先輩たちには全然届かないんですよ。このサマーリーグでも、チャレンジリーグのチームに負けてしまった。チャレンジのチームに負けることの意味というのを考えなきゃいけないし、プライドを持たないといけない。自分が入ることによって、勝つように持っていかなきゃいけなかったのに、まだ自分に力がないと感じて、すごく悔しい大会になってしまいました」

 ベテランになれば背負うもの、求められるものも多くなる。しかしそれを乗り越えられればさらに大きな達成感を得られるはずだ。

「乗り越えられるか、つぶされるかはわからないですけど、とにかくもう1年頑張ります」

“プリンセス・メグ”と呼ばれた頃と変わらぬ可憐な笑顔の中に、芯の強さと覚悟がのぞいた。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
栗原恵
日立リヴァーレ
アリー・セリンジャー

バレーボールの前後の記事

ページトップ