“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

東福岡インターハイ3連覇の行方は?
有力校とJクラブも注目の選手たち。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2016/07/26 11:00

東福岡インターハイ3連覇の行方は?有力校とJクラブも注目の選手たち。<Number Web> photograph by Takahito Ando

全国高校サッカー選手権では得点ランキング2位タイとし、青森山田のベスト4進出にも貢献した高橋壱晟。

Jリーグクラブがこぞって欲しがる大物選手とは?

 そして、今大会の最大の主役となる選手は、京都にいる。

 京都橘のFW岩崎悠人を射止めたいと手を挙げたJクラブは、実に6クラブ以上。鹿島、G大阪、FC東京、川崎、大宮という名だたるJ1クラブに加え、地元のJ2京都なども参戦し、激しい争奪戦を繰り広げている。

 彼の最大の魅力はスピードだが、ただ単に足が速いわけではない。その走りの質の高さこそ、岩崎悠人が注目されるゆえんなのである。

 どんなグラウンド・コンディションでも彼の“ラン・ウィズ・ザ・ボール”の質は一向に落ちない。

 重心移動が非常にスムーズで、体軸もしっかりしている。ステップが細かく、しっかりと親指で地面を踏みしめているからこそ、足下がぬかるんだピッチでも途中でDFに身体を当てられても、ぶれること無くゴールまで突き進んでいける。

 シュート技術も抜群。ボールのミート力があるだけでなく、GKやDFの位置を見てとり、シュート体勢に入っていても直前でその軌道を変えられるなど、まさに高性能アタッカーと言える。

 ある強豪クラブのスカウトが、「これまで見て来た中でもかなり物が違う部類に入る。彼のプレー、メンタル面も含めて、ここまで心の底から欲しいと思った選手はそうそういない」と舌を巻くほど、どのクラブも喉から手が出るほど欲しい存在だ。

 まだ彼自身も決断を下していないだけに、彼の下には多くのスカウトが大勝負を懸けて集結して来るだろう。

3チーム以外にも、全国に溢れる強豪チームたち。

 この3チーム以外にも、王者を食い止める可能性を秘めたチームはいる。

 尚志(福島)、流通経済大柏(千葉)、関東第一(東京)、静岡学園(静岡)、星稜(石川)、立正大淞南(島根)、米子北(鳥取)、長崎総合科学大附属(長崎)、鹿児島城西(鹿児島)……。

 中でも流通経済大柏にはDF関川郁万、MF佐藤輝といった1年生が、長崎総合科学大附属には2年生エース安藤瑞季が、鹿児島城西には2年生CB生駒仁と、来年、再来年の主役候補がいるだけに、注目をして欲しい。

 果たして、「ストップ・ザ・東福岡」を成し遂げ、主役に躍り出るチームはあるのか。注目のインターハイは7月27日に決戦の火蓋が切って落とされる。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

小田逸稀
児玉慎太郎
鍬先祐弥
藤川虎太朗
高江麗央
福田湧矢
高橋壱晟
廣末陸
差波優人
柴崎岳
神谷優太
郷家友太
杉岡大暉
原輝綺
岩崎悠人
東福岡高校
青森山田高校
市立船橋高校
京都橘高校

高校サッカーの前後のコラム

ページトップ