ゴルフPRESSBACK NUMBER

宮里藍の好調は「2g」の変化にあり。
「勝ちたい」からこその微調整。 

text by

南しずか

南しずかShizuka Minami

PROFILE

photograph byShizuka Minami

posted2016/07/13 17:00

宮里藍の好調は「2g」の変化にあり。「勝ちたい」からこその微調整。<Number Web> photograph by Shizuka Minami

力強いまなざしでショットの時を待つ宮里藍。

パターのロフト角も『2度→4度』に微調整。

 そこで3月半ばにメンタルコーチのピア・ニールソンらと話し合ったところ「ロフト角が足りないんじゃない?」と指摘され、ロフト角『2度→4度』に調整する。微調整が功を奏し、3月下旬のキアクラシックの“3年ぶりトップ3”入賞につながった。

 今シーズンに開催された米女子ツアーは19試合中1試合を除き、全ての試合の優勝者は23歳以下。目に見えて世代交代が進んでいる。

 先月、宮里も31歳になった。もう米女子ツアー11年目のベテランである。彼女は何を目指して戦っているのだろうか。

「試合に勝ちたいですね」

 宮里は言葉を続ける。

「どの試合でもいいから勝ちたい。メジャーにこだわらないです」

 では、優勝したら満足するのだろうか。

「しないと思います。『もっと』って思うような気がします。うーん、でも、優勝してみないと分からないかな。『優勝の瞬間に何を感じるだろう』と思うと、すごい楽しみです」

 キリッとこちらを見た。

「自分で頑張るって決めたんで。とにかくゴルフをしたいから」

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

宮里藍

女子ゴルフの前後のコラム

ページトップ