ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

イタリアへのトラウマと、分析技術。
ドイツEURO準々決勝、PK勝利の内幕。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byAP Photo/AFLO

posted2016/07/05 17:00

イタリアへのトラウマと、分析技術。ドイツEURO準々決勝、PK勝利の内幕。<Number Web> photograph by AP Photo/AFLO

PK戦は最終的に両チーム9人目までが蹴る展開に。この神経戦を制したのは30歳の守護神ノイアーだった。

記録は引き分けだが、入念な準備が差になった。

「僕らにはもちろん、運も味方してくれたね」

 最後のキッカーとして右隅に蹴り込んだヘクターがそう話したように、ドイツ代表は運があったし、戦術変更が功を奏したというわけではない。公式記録はイタリアとの引き分けになるため、メジャー大会でイタリア相手の苦手意識を克服できたわけでもない。

 ただ、最後の局面をわけたのは、入念な準備をしたチームとしての総合力と、テクノロジーの差ではなかったか。

 フランスとの準決勝では、フンメルスが出場停止で、ゴメスとケディラは負傷での欠場が決まり、シュバインシュタイガーも怪我のために出場があやぶまれている。満身創痍で開催国と戦わなければならない。かなり厳しい戦いになるだろう。

 イタリア戦でみせたドイツの戦いが価値のあるものだったのか、そうではないのか。その真価が問われるのは、準決勝以降の結果次第となる。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
ヨアヒム・レーブ
マヌエル・ノイアー
マリオ・ゴメス
ジェローム・ボアテンク
トニ・クロース

海外サッカーの前後の記事

ページトップ