フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

フィギュアGPシリーズ各大会展望。
羽生はカナダとNHK杯、強豪達は? 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/07/04 12:40

フィギュアGPシリーズ各大会展望。羽生はカナダとNHK杯、強豪達は?<Number Web> photograph by AFLO

4月の怪我からも回復し、6月からは氷上での練習も始めたという羽生。今季もどんな超人ぶりを見せてくれるのか……。

チャン、ワグナーら実力派が楽しみな5戦目中国杯。

 5戦目になる中国杯は11月18日から開催され、男子はパトリック・チャン、ボーヤン・ジン、村上大介らがメダル候補である。

 昨シーズン後半で調子を崩したハン・ヤン、マキシム・コフトゥンなども本来は実力のある選手で目が離せない。

 アメリカからはマックス・アーロン、ロス・マイナー、ロシアのセルゲイ・ボロノフなどベテラン勢も顔を揃える充実した大会になりそうだ。

 女子はアシュリー・ワグナー、エレナ・ラジオノワ、エリザベータ・トゥクタミシェワ、そして本郷理華らがファイナル行きをかけて白熱戦を繰り広げてくれることだろう。

最終戦NHK杯は、圧倒的優勝候補の羽生への挑戦に。

 そして最終戦のNHK杯は11月25日から札幌で開催される。

 男子は圧倒的な優勝候補である羽生結弦に、ロシアのミハエル・コリヤダ、アメリカのネイサン・チェン、カナダのナム・グエン、そして山本草太ら若手たちが挑戦することになる。

 女子は宮原知子、樋口新葉、そして今季シニアGPデビューの松田悠良がロステレコム杯に続いて出場予定だ。アンナ・ポゴリラヤ、マリア・ソツコワのロシア勢、ポリーナ・エドモンズと長洲未来のアメリカ勢らとメダルを競う。

ペアでは川口悠子&アレクサンドル・スミルノフが復帰。

 ペアでは昨シーズン靭帯の負傷でシーズンを半ばに終えた川口悠子&アレクサンドル・スミルノフの復帰に注目したい。彼らはスケートカナダと中国杯に出場が予定されている。

 またこの春に中国のペア、ユウ&ジンとペン&ジャンの2組がパートナーを入れ替えて、ユウ&ジャン、ペン&ジンの新ペアが結成された。中国杯ではこの新ペア2組と、2年連続世界銀メダリストのスイ&ハンが勢ぞろいする。

【次ページ】 アイスダンスはバンクーバー五輪王者の復帰に注目!

BACK 1 2 3 4 NEXT
村上大介
デニス・テン
アダム・リッポン
ジェイソン・ブラウン
浅田真央
村上佳菜子
グレイシー・ゴールド
アシュリー・ワグナー
ユリア・リプニツカヤ
ハン・ヤン
ラファエル・アルトゥニアン
ミハル・ブレジナ
ダニエル・サモヒン
宮原知子
本郷理華
エフゲニア・メドベデワ
エリザベータ・トゥクタミシェワ
ハビエル・フェルナンデス
宇野昌磨
ミハエル・コリヤダ
マックス・アーロン
田中刑事
アルトゥール・ドミトリエフ・ジュニア
エレナ・ラジオノワ
アンナ・ポゴリラヤ
ポリーナ・エドモンズ
パトリック・チャン
無良崇人
山本草太
ネイサン・チェン
ボーヤン・ジン
マキシム・コフトゥン
ロス・マイナー
セルゲイ・ボロノフ
川口悠子
アレクサンドル・スミルノフ
羽生結弦
ナム・グエン
樋口新葉
松田悠良
長洲未来
シャオユー・ユー
ヤン・ジン
ハオ・ジャン
チェン・ペン
ウェンジン・スイ
ツォン・ハン
タチアナ・ボロサジャル
マキシム・トランコフ
メーガン・デュハメル
エリック・ラドフォード
アリオナ・サフチェンコ
ブルーノ・マッソ
ガブリエラ・パパダキス
ギヨーム・シゼロン
三原舞依
永井優香
タチアナ・ボロソジャル
セラフィマ・サハノヴィッチ

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ