サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

「遠藤航の相方選び」は大島僚太!
代表発表前最終戦で見せた存在感。

posted2016/06/30 11:20

 
「遠藤航の相方選び」は大島僚太!代表発表前最終戦で見せた存在感。<Number Web> photograph by Shidu Murai

キャプテンマークを巻いて、遠藤のいないチームを操った大島僚太。当落線上だった時期は完全に脱したといえる。

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph by

Shidu Murai

 立ち上がりは「おぉ」と思った。

 南アフリカの選手の爆発的なスピードとフィジカルの強さにU-23日本代表の選手が圧倒され、今日は最終選考の試合などと悠長なことは言ってられないと思ったのだ。

 ところが前半30分、南アフリカが亀川諒史のハンドからPKで先制点を奪うと逆に動きが止まり始めた。5月に鳥栖で戦ったガーナ同様、長旅による疲労のせいかコンディションの悪さが出てしまったのだろう。

 日本がゴールに向かい始めたのは、その直後からだった。南アフリカの足が止まり始めた矢先、前半37分に中島翔哉のゴールで追い付き、矢島慎也、さらに中島の2ゴール目で突き放し、前半で試合を決めた。終わってみれば4-1の快勝だったが、その攻撃の中心にいたのは大島僚太だった。

「特に自分がやるぞという意識はなかったです。ホームで負けるわけにいかなかったですし、チーム全体で団結して戦えたので良かったと思いますけど、試合の入りは相手をリズムに乗らせてしまいましたし、反省点は多いかなと思います」

 そう言って厳しい表情を浮かべた大島だが、最近チームでこれほどの存在感を示したことはあまりなかった。

一度は奪われた遠藤のパートナーの座。

 大島は、リオ五輪最終予選が始まる前まではキャプテンの遠藤航と並んでチームの主力だった。だが、初戦の北朝鮮戦にスタメン出場すると相手のフィジカルの強さに苦しみ、球際の弱さを露呈するなどしてチーム内での序列を落としてしまった。

 U-23日本代表は遠藤がFWの足元やスペースに縦パスを入れることで攻撃のスイッチが入り、全体が起動する。手倉森誠監督が標榜する縦に速いサッカーを具現化するのが遠藤であり、そのパートナーの座を原川力が奪ったかたちだ。

【次ページ】 何もできなかった五輪最終予選。

1 2 3 NEXT
大島僚太
遠藤航
リオデジャネイロ五輪
オリンピック

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ