野球のぼせもんBACK NUMBER

ホークス・東浜巨がエースキラーに。
“工藤塾”と特別な調整法で覚醒! 

text by

田尻耕太郎

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2016/06/22 07:00

ホークス・東浜巨がエースキラーに。“工藤塾”と特別な調整法で覚醒!<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

6月20日に26歳を迎えた東浜。センバツ優勝、東都大学リーグの完封記録と、輝かしい過去を持つ男は、プロ4年目で再び開花しつつある。

登板間の、他の投手と異なる特別な調整法。

 ところで、5月以降は基本的に中6日での登板が続いているが、登板間の調整方法は周りの投手とは異なっているのが興味深い。

 登板間のウエイトトレーニングは3回も行う。登板翌日は軽めの重りを持つ「回復系」というが、回数はその分多くなる。3日目は上半身をウエイトで追い込み、走り込んで心拍数も上げる。4日目は下半身をウエイトでいじめる。残り2日間はピッチングなどでようやく調整に入るが、「基本的に毎日筋肉痛です(苦笑)」と顔をしかめる。

「毎日長風呂をしたり、マッサージでほぐしたりしますが、大体バリバリのカラダで投げています。監督からも『登板日が一番ラクだろ?』と言われています(笑)」

 覚醒はしたが、まだ本格化ではない。

 本当の輝きはこれから。東浜はエース道の、一歩目を踏み出したに過ぎないのだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

東浜巨
工藤公康
福岡ソフトバンクホークス
則本昂大

プロ野球の前後のコラム

ページトップ