“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

U-23代表で異彩を放つサイドバック。
ついに南野拓実を捉えた室屋成の青春。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2016/01/22 07:00

U-23代表で異彩を放つサイドバック。ついに南野拓実を捉えた室屋成の青春。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

前列左から2人目の「12番」が室屋。ついに、南野と同じ代表チームにまで駆け上がってきた。

“場違い”と思うからこそ実力をフルに発揮できる!

「こうしてまた拓実と同じチームになれたけど、あいつは海外で自分よりもレベルが高くて、凄く濃い経験を積んでいるはず。追いついたとは到底思えないし、むしろ広がっていると思う。だからこそ、僕は自分の持っている力をフルに発揮しないといけないし、どんどん厳しい要求を自分に課していかないと、置いていかれる一方だと思う」

 彼は今もギャップを抱えている。だからこそ彼は“場違い”と感じるステージでも躍動をし続けられるのだ。

 U-23日本代表はいよいよ負けたら終わりのノックアウトステージに戦いの場を移した。3位以上にしか与えられないリオ五輪のキップ。現地からの報道では、準々決勝のイラン戦に先発濃厚と言われている彼が、“場違い”なステージでグループリーグとはまたひと味違ったプレーを見せてくれるはずだ。そして、その先も自身のグレードを上げながら……。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

室屋成
南野拓実
FC東京
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ