サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

福西崇史が語る五輪予選突破の“肝”。
パワー一辺倒ではない相手国に注意。 

text by

福西崇史

福西崇史Takashi Fukunishi

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2016/01/22 10:30

福西崇史が語る五輪予選突破の“肝”。パワー一辺倒ではない相手国に注意。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

U-23チームの調子は右肩上がり。やはり、日の丸を背負っての真剣勝負は選手達を急速に成長させるのだ。

パワープレーに限らないテクニカルな難敵。

 カタールやイラク、韓国に共通するのは“以前よりテクニカルなプレーをする”という点です。持ち味であるスピードやパワフルさを失うことなく、育成年代からボールを大切にするサッカーに取り組んでいる。そのレベルアップが結果に直結しています。

 これまで日本は、狭いスペースでの技術などで優位に立ってきましたが、時にはパワフルなプレーも必要だと感じます。例えばタイ戦で見せた鈴木(武蔵)選手の先制点、久保選手が北朝鮮で放ったポスト直撃のシュートなどは、難しい体勢ながら打ち切ったからこそでした。

 日本らしいテクニックと連動性、そして力強さ。厳しさを増すアジア予選を勝ち抜くためには、今挙げたすべての力を発揮し、強い気持ちを持って戦いきる。それを続けることで、リオ五輪への道が開けてくるはずです。

(構成・茂野聡士)

関連記事

BACK 1 2 3 4
福西崇史
手倉森誠
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ