猛牛のささやきBACK NUMBER

「言いたくない」「揉めたくない」
プロ野球選手の年俸、悲喜こもごも。 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2015/12/24 10:30

「言いたくない」「揉めたくない」プロ野球選手の年俸、悲喜こもごも。<Number Web> photograph by Kyodo News

現状維持の推定5億円で契約更改したエース金子。会見では来年の奮起を誓った。

「ほんとは言いたくはないですね」

 ただ、どの選手もやはり自分の年収を公表したくはないというのが本音のようだ。

 2年目の今年、二桁勝利を挙げた東明大貴は、「2000万円アップです」とすんなり告白したが、「ほんとは言いたくはないですね」と苦笑する。

「一般の人はまずそんなことないじゃないですか。野球選手やサッカー選手ぐらいですよね。でも職業上、そうやって公開されるからこその魅力があるのかもしれない。頑張ったらこれだけお金がもらえるんだ、ということで、子供たちが憧れを持ってくれるのかもしれませんから」

「期待に応えられなくて申し訳ありませんでした」

 契約更改はまた、今季に区切りをつけ、来季に向けてスタートする節目の場でもある。昨年4年契約を結んだため、今年は現状維持の年俸5億円(推定)で更改したエース、金子は、こう語った。

「今年の結果に関しては、僕から『期待に応えられなくて申し訳ありませんでした』と言いました。まずは開幕に間に合わなかったこと。自分がいなかった時に、チーム状況が悪かったけれど、どうすることもできなくてすごく歯がゆかった。また、自分が復帰しても、チーム状況がうんとよくなる、というふうにもならなかった。それじゃあダメ。

 僕が復帰したことでチーム状態がよくなる、というぐらいの選手でないと。去年の今頃は2位に終わった悔しさだったけど、今年は期待に応えられなかった悔しさがある。それでも球団には、『来年も期待している』と言っていただいた。来年は、やってやるぞ、やるしかない、という気持ちです」

 期待に応えられなかった選手、年俸がダウンになった選手、どちらも悔しさを抱え、来シーズンの雪辱を期している。

関連記事

BACK 1 2 3
金子千尋
平野佳寿
T−岡田
横田昭作
西勇輝
伊藤光
東明大貴
オリックス・バファローズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ