セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

新エース誕生でユーベが完全復活。
テベスを手本に成長を続けるディバラ。

posted2015/12/18 10:30

 
新エース誕生でユーベが完全復活。テベスを手本に成長を続けるディバラ。<Number Web> photograph by AFLO

22歳のディバラはそのルックスもあいまってユベンティーノの注目の的。偉大なるテベスの後任という大役を果たせるか。

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph by

AFLO

 王者の追撃がいよいよ始まった。

 開幕後の低迷に苦しんでいたユベントスだが、10月末から怒涛の5連勝。15節終了時点で、CL出場圏の3位どころか、首位インテルの背中も勝ち点差6の射程距離に捉えた。

「スクデットは諦めない」

 2-0で快勝した15節ラツィオ戦でも全得点に絡む活躍を見せたFWパウロ・ディバラは、澄んだ目に決意を込めた。リーグ戦での3アシストに、チームトップとなる7ゴール目を加えた彼は、昨季の大エースだったFWテベス(ボカ・ジュ二オルス)が15節までにマークした数字に追いついた。

 ユベンティーノたちはもう疑わない。

“やつこそが、ユーベの新たなエースだ”。

序盤戦ではクラブ史上最悪の成績。

 クリスマスを前にようやく挽回してきたユベントスだが、現在の好調を得るまでには、容赦ない批判と疑いの眼差しを嫌と言うほど浴びてきた。

 シーズン序盤の惨状にアニェッリ会長は怒り心頭で、10月下旬の株主総会では「現在の14位という順位は到底容認できない」とチームを厳しく弾劾した。

 開幕からのリーグ戦10試合で稼いだ勝ち点はわずか12。ここからスクデットを獲った例は過去にない。

 勝ち点3制度がスタートした'94-'95年シーズン以降、クラブ史上最悪の成績に主将ブッフォンですら動揺した。

「正直、現状に狼狽している。主将として心が痛い。現実的に、スクデットのことなど話題にすらするべきじゃない」

 サッスオーロに今季4敗目を喫した10節終了時点で、当時の首位ローマとの勝ち点差は最大の11にまで拡大。監督アッレグリはチームへ強制合宿を命じ、王者は追い詰められた。

 地元トリノのファンやメディアは、4連覇王者の体たらくを猛烈に非難した。

 とりわけ批判の矛先を向けられたのが、今夏の移籍市場で大枚4000万ユーロを投じて獲得されたFWディバラだった。

【次ページ】 地元紙は4000万ユーロの男に容赦ない罵声を浴びせた。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ユベントス
カルロス・テベス
パウロ・ディバラ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ