フットボール“新語録”BACK NUMBER

子供のときの食事でケガは減らせる!
ドイツが取り組む“食事改革”の全貌。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/12/13 10:30

子供のときの食事でケガは減らせる!ドイツが取り組む“食事改革”の全貌。<Number Web> photograph by Getty Images

ドルトムントのトゥヘル監督は就任早々、チームの食事改善に乗り出した。

ドンブリ何杯、の炭水化物だけでは足りない。

 とはいえ、なかなか子供たちは水をおいしいとは感じてくれない。そこでレモンやミント、生姜を入れるといった工夫を推奨。胃に負担をかけないために、水は冷蔵庫には入れず、常温で飲むべきだと教えている。

 成長期の注意点として、子供のときはつい炭水化物ばかり食べてしまうが、同時にしっかりとタンパク質を取るべきだと指摘している。日本も「ドンブリ何杯」という文化があるが、それだけでは不十分だ。筋肉の材料となるタンパク質を、肉や魚から取らなければならない。

 フロベーゼ教授はこう断言する。

「子供のときに正しい食事をしていたものは、プロになってからケガが少ない」

 せっかく技術を身につけても、ケガで才能を発揮できなかったらもったいない。今後、育成において栄養学の重要度がさらに高まっていきそうだ。

毎日情報配信中! Number編集部 公式Twitterアカウント

関連コラム

BACK 1 2 3 4
トーマス・トゥヘル
ジョゼップ・グアルディオラ
アルミン・フェー
ラルフ・ラングニック
ドルトムント

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ