箱根駅伝2016BACK NUMBER

[平成18年第82回大会優勝] 亜細亜大学「駒沢大学5連覇を阻んだ“雑草魂”」 

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph byPHOTO KISHIMOTO

posted2015/12/17 07:00

[平成18年第82回大会優勝] 亜細亜大学「駒沢大学5連覇を阻んだ“雑草魂”」<Number Web> photograph by PHOTO KISHIMOTO

最終走者、岡田直寛は直前までの緊張を克服し、確かな足取りで快走。亜細亜大初優勝のゴールを切った。

雑草軍団の生きる道。

「私は『他校に勝て』なんて選手に言ったことはありません。各自がベストを尽くせば、それなりの結果が出るんです。ですから、区間11位のタイムの持ち主に『区間賞を狙え』とは言わない。『きみが実力通り11位で走ったら、それが俺にとっての区間賞だよ』、そんな声を区間ごとにかけていました」

 できないことをやろうとせず、ひたすら自分のベストを尽くす。それが雑草軍団の生きる道であることを、経験豊富な岡田監督は知っていたのだ。

 逆転の立役者となった9区の山下も、雑草軍団の強みを自覚していた。

「ぼくらには、他校のようにひとりで大差をつける“大砲”はいない。でも、その代り全員がエース、だれかに依存するのではなく、自分がやってやるという強い気持ちでレースをしていました。それがいい形で出たんだと思います」

 平凡なタイムは伸びしろの鉱脈。

 大砲がいなければ、みんながエース。

 ないものを嘆くのではなく、アドバンテージとして捉える。

 ひたむきな鍛錬としたたかな逆転の発想、その先に初優勝が待っていた。

 揉めながら勝った中大、無敵の王者を倒した雑草軍団の亜大、前年19位から頂点へ駆け上がった日体大。3校の勝利は、数字だけでは決まらない箱根駅伝の真理を雄弁に物語る。どんなに持ちタイムが良くても、極限の緊張感と過酷な道のりの中で実力を出し切るのは至難の業。箱根駅伝がときに意外な王者を生み出す理由は、そこにある。さて、'16年は……。

関連記事

BACK 1 2 3 4
亜細亜大学
岡田正裕
木許史博
板倉克宜
菊池昌寿
小澤信
綿引一貴
益田稔
山下拓郎
岡田直寛

陸上の前後の記事

ページトップ